「課題を発見」し、「解決」に向けて
アイディアを生み出し、練る作業は、
「問題解決」をするための重要な力となります。

それは、これまで山積している様々な課題に向き合うために、
これからの社会を、より便利に、持続可能な社会にするために、
また、AI(人工知能)化やIoT(インターネットとモノの接続)化が進み、自動化、効率化が進むこれからの時代に、より必要になってきます。

こうした時代の流れの中で、今、子どもたちに必要な取り組みを…と
まず、取り組むことになったのが「おやこアイディアソン」。

実社会でも、地域や企業の課題解決の取り組みとして、
また、新たな商品やサービス、ビジネスモデルを開発する際にも
活用される手法です。

これを、子どもたちがトリウム事例が、関東などを中心に
始まっています。

広島では、子どもたち対象では、恐らく初でしょう!

この機会をぜひ、ご活用ください!!

詳しくは、こちら!

Please follow and like us:
error0
Tweet 20
fb-share-icon20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です